星野源の彼女が夏帆説はガセ、ねつ造、番宣なのかを徹底解説!

2016年の10月期のドラマ『逃げるは恥だが役に立つ』で爆発的なブレイクをしました、星野源さん。

 

俳優業にシンガーソングライター、そして文筆家とマルチな顔を持っています。

 

そんな星野源さんの熱愛彼女説の第2号が夏帆さんになります。

 

今回はそんな星野源さんと女優の夏帆さんの熱愛彼女説は、ガセ、妄想、番宣なのかを見て行きたいと思います。

 

			
スポンサードリンク


 

星野源の彼女、夏帆説の出所は?

 

星野源さんの熱愛彼女説の第一号は言わずと知れた、aikoさんですが、第2号と言えば女優の夏帆さんになります。

 

星野源さんと夏帆さんの熱愛彼女説の出所は、2013年6/8公開の星野源さん初の主演映画『箱入り息子の恋』で主演とヒロインを演じたことから始まります。

 

映画の内容は、35歳の彼女いない歴=年齢の星野源が、初めてのお見合い相手の盲目のヒロイン役の夏帆さんに一目惚れする。

 

親の反対があり、隠れて交際するが、アクシデントに見舞われて、二人の交際はバレてしまうという内容です。

 

星野源さんは、映画のインタビューで、夏帆さんには以前から憧れており、可愛い人だと思っていたということ。

 

そして、夏帆さんは、星野源さんは、音楽は聞いていたけど実際に合ったら、男他しい頼りがいのある人ということを話しており、撮影中はかなり意気投合していました。

 

大衆娯楽映画というよりは、シリアスな恋愛映画ということで、星野源さんの演技もかなり評価され、第37回日本アカデミー賞 – 新人俳優賞を獲得しました。

 

そんなシリアスなラブストーリーと二人の迫真の演技が、プライベートでも彼女ではないかと噂となりました。

 

 

スポンサードリンク





 

 

星野源と夏帆の熱愛彼女説は、ガセ、妄想、番宣か?

 

星野源さんと夏帆さんが初共演した映画『箱入り息子の恋』ですが、映画ではよくあることで、映画の宣伝として、噂を番組サイドが流した可能性が高いです。

 

星野源さんは2013年当時は俳優としての知名度はイマイチ、そして、夏帆さんも女優としては一線級とはいい難い存在です。

 

そして、映画の内容もシリアスな内容。

 

配給元も木下工務店配下の『キノフィルムズ』という、映画配給会社でもかなり新しくそれほど力を持った会社ではありません。

 

ですが、映画の興行収益は目算2.5億円を目指していました。

 

そこで、王道の噂を流すという作戦に出たものと考えられます。

 

シリアスな内容と、純愛という内容で、観客のカップリングの妄想も広がったことと考えられます。

 

ですが、結果的には興行収益は1.2億円と大誤算・・・

 

内容はかなり評価されたものの後のDVDの売り上げも芳しくなく、結局赤字の損益を生んでしまいました。

 

結論としましては、星野源さんの初主演映画で、内容もシリアスということで、少しでも興行収益を水増ししたいという製作サイドと両者の事務所が作り上げた番宣と妄想が入り混じったということです。

 

 

まとめ

 

いかがだったでしょうか?

 

今回は星野源さんと女優の夏帆さんの熱愛彼女説を見てきましたが、あまり信ぴょう性はなく、番宣と妄想ということがわかりました。

 

ですが、この時は、aikoさんとの熱愛説も依然として根強くあり、あまり番宣としては不向きだったようですね。

 

 

関連記事

 

⇒星野源の歴代彼女、元カノをデビューから最新まで一挙総まとめ!

⇒新垣結衣と星野源の彼氏、彼女説はガセ売名なのかを徹底検証!

⇒星野源の彼女がaiko説はガセ、ねつ造、番宣なのかを徹底解説!

⇒星野源の彼女が二階堂ふみ説は、ガセ、売名、番宣なのかを徹底解説!

⇒目次はコチラ!

 

 

スポンサードリンク

コメントを残す