星野源の彼女がaiko説はガセ、ねつ造、番宣なのかを徹底解説!

最近は、俳優に音楽活動にかなりの人気を集めている星野源さん。

 

星野源さんの彼女説の中では、やはりaikoさんが、歴代彼女と言われた人物の中ではかなり有名ですね。

 

今回は、星野源さんとaikoさんの熱愛彼女説は、ガセ、ねつ造、番宣なのかを詳しく解説していきたいと思います。

 

			
スポンサードリンク


 

星野源とaikoの熱愛説の出所は?

 

星野源さんとシンガーソングライターのaikoさんの熱愛説、彼女説は2011年ころからネット上ではささやかれていました。

 

そして、決定的になったのは同年の週刊誌『FRIDAY』でaikoさんがほっぺたを膨らませている愛らしいツーショットをスクープとして掲載され、一気に二人は熱愛関係、彼女という話しで盛り上がりました。

 

そして、翌年、星野源さんは、くも膜下出血で入院を余儀なくされるという事故が起こり、その入院中にaikoさんが献身的な看病をしたことはかなり有名な話です。

 

更に翌年の2013年にはくも膜下出血が再発し、再入院を余儀なくされるということが有りました。

 

それからしばらくの間は、夏帆さんや二階堂ふみさん、有働由美子との熱愛彼女説などもネット上ではささやかれていましたが、2015年10/27の日刊スポーツで、二階堂ふみさんとの熱愛がすっぱ抜かれ、aikoさんとは破局したかという大さわぎになりました。

 

ですが、同年の12/25の『ミュージックステーション スーパーライブ』では星野源さんとaikoさんが同じポーズで登場し、復縁のメッセージではないかともささやかれました。

 

 

スポンサードリンク





 

 

星野源とaikoの熱愛彼女説はガセ、ねつ造か?

 

aikoさんと星野源さんが熱愛スクープされた時期は、星野源さんはドラマなどではNHKがメインであり、番宣が必要なものはほぼありませんし、CD等のプロモーション期間でもありません。

 

そして、aikoさんもCDの売り上げなどは相変わらず絶好調の時期です。

 

そのことから考えると、星野源さんの売名行為とも考えられますが、二人の事務所はノーコメントです。

 

大人の事情からのスクープの疑いは全くありません。

 

そこから考えると二人の熱愛、彼女説は本物の可能性は非常に高いですね。

 

そして、病院での頻繁なお見舞いなども友人としての度を越しています。

 

一部の話では、病院に週2.3回は必ず顔を出していたそうです。

 

その後二階堂ふみさんとのスポーツ新聞でのスクープは、かなりヤラセが強いですが、二階堂ふみさんのせいで二股疑惑で分かれているということではないようですね。

 

そして、2015年の『ミュージックステーション スーパーライブ』では、同じポーズをして登場したことはどう考えても示し合わせて、同じポーズをした可能性は高いです。

 

仲がいい事には変わりないですが、この時に復縁したかどうかは少し確証は持てません。

 

ですが、あえて結論として考えられるのは、依然として恋人関係であり、彼女と考えられます。

 

 

まとめ

 

いかがだったでしょうか?

 

今回は星野源さんとaikoさんの熱愛彼女説を見てきましたが、二人は恋人関係、彼女だと結論付けます。

 

そして、一部ではaikoさんの2014年5月28日発売アルバム『泡のような愛だった』の9番目に収録されている『透明ドロップ』の歌詞で、

 

”いつでも戻れるよ

あの頃の自分に

だって振り向いてくれたことが奇跡なんだもん

思うだけの生活に今ならきっと

そんなに苦しまないで戻れるよ

さよならとやっぱり言われたのか”

 

がaikoさんが作詞作曲していますので、星野源さんと破局した思いをつづったのではないかという憶測を呼んでいますが、正直「そうとも取れる」としか言いようがないので、破局説は不明です。

 

10代のころのこととも20代のこととも、昔の感情を思い起こして作詞したとも考えられますので、決定的な証拠にはなりませんね。

 

もし、今後星野源さんとaikoさんが結婚しないようでしたら、初めから彼女関係ではなく、非常に仲の良い音楽仲間ということで、初めから彼女ではなかったということでしょう。

 

 

関連記事

 

⇒星野源の歴代彼女、元カノをデビューから最新まで一挙総まとめ!

⇒星野源の彼女が夏帆説はガセ、ねつ造、番宣なのかを徹底解説!

⇒星野源の彼女が二階堂ふみ説は、ガセ、売名、番宣なのかを徹底解説!

⇒新垣結衣の彼氏が星野源説はガセ、売名、番宣なのかを徹底検証!

⇒目次はコチラ!

 

 

スポンサードリンク

コメントを残す